夫に愛される妻の習慣とは?夫婦円満の方法

スポンサーリンク
恋愛・結婚

こんにちは、ししまる&るいです。

皆さんは仲良し夫婦に憧れませんか?

一般的に結婚当初は好き同士で結婚していても、時間が経つにつれて一緒にいることが当たり前になり、最初の頃の熱い気持ちは薄れていくものだと思います。

ですが、たまに結婚後何年経っても仲良しな夫婦が一定数存在するのも事実ですよね。

そんな夫婦が日ごろから実践している習慣とは何なのだろうと思い、『夫が妻に何度も恋をする魔法の習慣』という本を見つけました。

そして新婚夫婦である私たちが、この本の中からすでに実践していた習慣とこれから実践していきたいと思った習慣を紹介していこうと思います。

読んでほしい人

  • いつまでも夫婦円満でいたい新婚夫婦
  • 夫にもっと愛されたい
  • 夫婦関係を良くしたい
  • 夫に変わってほしいところがある
スポンサーリンク

すでに実践している習慣

【朝食の習慣】

朝食を出す時のポイントは食事の内容よりも「あつあつ」であることです。

食事の内容は自分が用意しやすいもので大丈夫です。

テーブルの上にお食事をセットしてあげることで、夫が「自分のためにおもてなしをしてくれている」と実感できるのだそうです。

ししまる♀
ししまる♀

私は、事前にパンがいいかご飯がいいかなどの選択肢を与え、自分で決めてもらっています。自分で選ばせることで手抜きの朝食でも満足してもらいやすくなると実感しています。

【早く帰りたいと思われる環境をつくる】

夫が帰宅する時には、「あなたの帰りを待っていました」という雰囲気作りが大事です。

一番ダメなのは、夫が帰宅しても出迎えもせず無視、部屋はぐちゃぐちゃで「早くお風呂に入って」と邪見にするケース。

夫が帰宅する時には玄関までお出迎えをし、一時的に部屋を片付けておきましょう。

片付けるといっても、簡単に机の上に置いてあるものを整理する程度で、モデルルームのようにする必要は一切ありません。

また、家の中ではいつもキメキメのきつい感じではなく、落ち着いたものを身につけることで安心感を与えることができます。

るい♂
るい♂

帰宅時にギスギスしているより、笑顔で迎えられた方が帰りたくなるね!

【夫の誕生日は家で祝う】

夫の誕生日には、何が食べたいのか、どうしたいのかをあらかじめ聞いておき、家庭的な雰囲気でもてなしてあげるといいでしょう。

中には派手に祝ってほしい男性もいるでしょうが、強引でお金のかかるようなサプライズ・プレゼントを好まない人が多いそうです。

家族で過ごす素朴で楽しい誕生日の方が、夫は「自分が家族に温かい家と食事と愛を与えていて、感謝されている」と実感できるのです。

おいしいレストランには、あなたや子供のお誕生日の時に夫に連れて行ってもらいましょう。

るい♂
るい♂

前回の誕生日では、ローストビーフをリクエストして作ってもらって愛情を感じたよ!

【肌ざわりを意識する】

夫に愛されるためには、まずは自分自身を愛して磨くことです。

特に肌のお手入れをすることは、いつまでも若々しく見せるためには重要です。

どんなに高い服やアクセサリーを身に着けていても、肌のお手入れを怠ると実年齢以上に老けて見えます。

自分にあったスキンケアを見つけて毎日しっかりケアしましょう。

ししまる♀
ししまる♀

お風呂の時は入浴剤を入れて、上がったらボディクリームや化粧水などをしっかりつけて全身が乾燥しないように心がけています!

これから実践したい習慣

【プライドを傷つけない言い方】

男性は基本的に、自分のかっこ悪い姿を妻に見られたくないものです。

特に仕事での失敗は、夫が自分から話を切り出すまでは触れないようにしましょう。

また、夫が妻に対して何かアイディアを求めてきた場合は、「○○の方がいい感じがする」「~な気がする」など夫が受け取りやすいボールを投げてあげることが大切です。

表現をやわらかくすることで、夫は押し付けられたと思わずに、すんなり意見を受け入れることができます。

「絶対にこっちがいいに決まってる」などの断定的な言い方をしないように心がけるといいですね。

るい♂
るい♂

同じ内容でも、言い方ひとつで印象は大きく変わることはあるよね。

【不機嫌な時はおとなしくする】

夫が疲れていたり、特に仕事の事でイライラしてると感じた時は、「どうしたの?」と聞いたりせずそっとしておくことが一番です。

疲れている時にどんどん質問を投げかけられると、夫は返答が鬱陶しく感じるようです。

また、「私じゃ相談相手にならない?」など夫に罪悪感を覚えさせる受け答えをしてしまうと、一緒にいることが息苦しくなり、仕事や遊びに行く方がましだと思うようになってしまいます。

夫が自分から愚痴を吐き出す時は、とにかく話をさえぎらずに聞いてあげましょう

夫が不機嫌な時は、できるだけ夫を一人にして好きなことをさせてあげましょう。

特に小さな子どもがいるお母さんだと、「自分はいつも一人の時間なんてないのに!」と思ってしまうかもしれません。

確かにそうですよね!お母さんに休日はないし、心休まる時は一日のうちほんの少しでしょう。

しかし、夫に対して普段から気遣いをしてあげることで、自分が一人になりたいときや本当に助けてほしい時に夫が気持ちよく手助けをしてくれるようになります。

ししまる♀
ししまる♀

心配でどうしたの?って聞いてしまいがちだけど、さっぱり放っておくことも大事なんだね!

【家庭のルールは夫に決めてもらう】

夫を家族のリーダーとして認め、子どもたちにも示すようにしましょう。

何かをしたい時や欲しい時は家族会議をして、話し合う機会を持つことでコミュニケーションをしっかりとりましょう。

夫に意見を聞いたり、ルールを決めてもらうことで夫は家庭内で頼りがいのある存在になります。

初めは頼りなくても、習慣化すると子供も家庭のリーダーである父親の言うことを聞くようになります。

ししまる♀
ししまる♀

意見が分かれた時は大変そうだなぁ・・・(笑)

【エプロンをつける】

かわいいエプロンは、愛され妻の衣装のようなものです。

試しにかわいいエプロンをつけてご飯を作り、お出迎えしてみましょう。

きっと夫は笑顔になるはずです。

ししまる♀
ししまる♀

え?これ必要?(笑)

るい♂
るい♂

エプロンは男のロマンだ!(笑)

ししまる♀
ししまる♀

・・・

まとめ

  • 朝ごはんはあつあつを!
  • 夫の帰宅時は軽く部屋を整理し、玄関で出迎える
  • 夫の誕生日は家ですごす
  • 肌を綺麗に保つ
  • アイデアを求められたら断定的な言い方をしない
  • 夫が不機嫌な時はそっとしておく
  • 夫が家族のリーダーであることを子供にも認識させる
  • エプロンをつける

以上が愛される妻の習慣でした。

特に小さいお子さんがいる方は、育児や仕事に追われる上に、夫の事まで・・・

妻ばかりが損するように見えますよね。

そこを一度グッとこらえて考えてみましょう。

夫の妻に対する考え方が変わってくれれば、妻の望んでいることを率先してしてくれるようになるかもしれません。

そうです!すべて夫のために見えて自分のためになるのです。

夫の自尊心を満たしてあげることも妻の一つの役目だと思って、手のひらで転がすイメージで実践してみましょう。

心の中では何を考えていてもいいのです

『夫が妻に何度も恋をする魔法の習慣』の中には、他にもたくさんの習慣が紹介されていました。

気になる方はぜひチェックしてみて下さいね!

タイトルとURLをコピーしました